居抜き店舗は、それまで該当物件のなかで営業をしていたテナントが、利用していた内装や設備などをすべてそのまま残した状態で、あとに借りる人に引き渡す条件となっている店舗物件のことをいいます。ふつうの店舗物件であれば、内装や設備はすべて取り払った上で引き渡すのがルールですが、逆に新しく入る人がそのまま利用できる条件になっているところは、かなり特徴的といえます。特に、内装や設備をあらためて整備するにあたって、かなりの設備投資のための費用が必要な業者、たとえば飲食店などの場合には、こうした特徴ある物件を有効活用できることは、きわめてメリットが大きいものです。特殊な物件であるために、地方で見つけるのは困難が大きいものの、東京都内であれば、それなりのストックがあります。

リフォームなどの必要最低限の経費はチェックする

東京都内にある居抜き店舗の場合、内容や種類はいろいろありますが、取得をするにあたってのコストは最低限のチェックをしたほうがよいでしょう。そのままの内装や設備が引き継げるとはいっても、やはり店舗にはそれぞれ独自の個性があるはずで、使い勝手なども考慮に入れれば、小規模なリフォームが必要になることは多いものです。この場合、水道管や下水道管、ガス管などを、レイアウトの都合によって移動させるのであれば、同じリフォームでもかなりのコストがかかる可能性があります。そのため、できるだけ既存の設備などを生かして、目的にみあったリフォームができるような工夫をすることで、コストを削減することが求められます。場合によっては、リフォーム会社のスタッフと、物件をいっしょに下見することも必要です。

設備については所有権についても確認が必要

東京都内の居抜き店舗では、内部の設備などの所有権が、誰の名義となっているかは確認することがたいせつです。これは物件ごとにさまざまな形態がありえますので、不動産会社とともに、しっかりとした事前確認を忘れないことです。高額すぎる設備の場合、以前のテナントが所有権をもっているのではなく、実はリース契約で他の会社から取得していた可能性もあります。その場合、以前のテナントとリース会社との契約内容を、新しいテナントのほうで引き継ぐことになります。したがって、以前からの契約内容によっては、さまざまな不具合が生じることが考えられますし、逆に契約を結び直すよりも、かなりメリットが大きいこともあります。これは見た目ではわからないことであり、確認がなによりも大切なのは頷けることです。