東京で飲食店などを開店したい場合は、外装や内装、厨房機器などに費用がかかります。しかし居抜き店舗であれば、椅子やテーブル、厨房の様々な設備をそのまま利用できるので、初期費用を抑えることが可能です。ただし注意点として、前テナントが退店した理由をしっかり把握しておく必要があります。この問題点をクリアすることが、店舗経営で収益を上げるコツです。例えば立地条件が悪くて撤退したなら、その対策を立てなければ売り上げは伸びません。飲食店は味や店の雰囲気も大切ですが、駅前の店舗の方が集客の点では有利です。しかし駅から遠い物件は、賃料が安いことが多いので、その分、店内の改装に力を入れることが可能になります。そこで立地に恵まれない物件は、集客するための工夫と努力をすることが重要です。そのお店ならではのブランド感や、しっかりしたコンセプト作りが繁盛するかどうかのポイントになります。

前店舗の評判などもチェックしてから賃貸契約を結ぶ

東京の居抜き店舗には、設備をそのまま使えるという利点の他に、オープンまでの期間を短縮できるというメリットもあります。それらのメリットを活かして売上を上げるためには、コンサルタント会社などのプロに相談するのも良い方法です。 また居抜き物件は、前テナントと業種が似ている場合は、前のお客を受け継ぐことができるという利点もあります。しかし逆に、前の店舗の評判が悪かった場合は、その悪いイメージを引き継いでしまう可能性があります。従って、そのエリアで聞き込みなどをしてから賃貸契約をすることも大切です。また立地条件が悪くても、評判の良いお店であれば、お客は集まります。そのためホームページのコンテンツを魅力的にしたり、様々なSNSのコメントをチェックしたりすることが必要になってきます。

お客の回転率を上げて売上を伸ばす

東京の居抜き店舗によっては賃料が安価で、その代り、店内が狭い場合があります。カウンター席しかないお店では、すぐに満席状態になり、思うように1日の売上が伸びません。放っておくと、賃料や諸経費に見合うや収入が得られないという結果になります。そのようなケースでは、飲食店ならお客の回転率を上げる工夫が必要です。提供するメニューにもよりますが、例えばカウンター席に椅子を置かず、立ち食いスタイルにすれば、多忙なビジネスマンには魅力になります。またチラシなどを近隣エリアに配布し、さらに店頭でも宣伝を行うことで、集客率を上げていきます。店内の雰囲気が良ければ口コミで評判が広がって、狭い居抜き物件であっても、来店客を増やすことが可能です。また接客態度も、店の評判を上げる重要な要素です。